のんびりやろうぜ@40の手習い


最近、第2の人生始まりました。
by gannkotyann727
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

入院生活の友

つい1週間前まで入院していたとは思えない
元気いっぱいのがんこです。


3回のハラキリや、抗がん剤治療で、
すっかり入院慣れしてしまった(したくないけどね!)私の
入院生活の友 を紹介します。



ヘアバンド です。
f0015261_2030840.jpg

朝、顔を洗う時に活躍しました。もちろん100均です。
これ、柔らかいので、嫌な跡が付きにくいし、締め付けないからグーでした。
顔を洗うのに、髪の毛が邪魔になるくらい伸びたのよん!
今抜けてる方々、ちゃ~んと生えてきますからねっ!




お風呂バッグ です。
f0015261_20311524.jpg

このバッグにシャンプーやらお風呂セット一式を入れて
シャワー室までブーラブーラと歩いて行きました。
そして、シャワーの時間が遅い時は、廊下にひと気が無いので
頭にタオル巻いて部屋まで戻りました。
たまに看護師に出くわした時は
「あ~ら!こんな格好で失礼!」
と笑わせてあげました。




時計 です。
f0015261_20321648.jpg

これは、下のわっかを倒すと置時計になって、
ぶら下げるとタオル賭けになります。
以外に便利でした。




扇子と付箋(車の形) です。
f0015261_2033881.jpg

これも100均です。
病室は暖かいけど、シャワーの後や、日差しがあるときは意外に暑いときがあります。
そんな時、この扇子が活躍します。扇子なら、邪魔になりませんからね。
付箋は、ベッドに居ないときに、行き先を書いてテーブルに貼っておきます。
メモ用紙だと、飛んでしまう事があるので、付箋にしました。




おっちゃんキーチェーン です。
f0015261_20343684.jpg

お菓子のオマケです。貴重品を入れる、引き出しの鍵に付けておきました。
鍵にはゴムが付いているだけなので、落とした時に音がしなくて解りにくいし、
軽いので存在感をつける為に、入院の時は、いつも何か付けることにしています。






それから、私の友達が同時期に入院していたのですが
彼女が使っていた小物入れ です。
f0015261_20354686.jpg

テーブルの上に置いてあって、仕切りで分かれているので
欲しいものがサッと取れて、とっても使いやすそうでした。





これも友達が使っていた、S字フック です。
f0015261_20381751.jpg

テレビのイヤホンって、短いと使いづらいし、長いと邪魔なんですよね。
そんな悩みを解消してくれる、優れものです。
S字フックは、他にもイロイロ使えるので、便利です。
荷物にならないので、1~2個持って行くといいですよ!




入院生活を、いかに楽しく過ごせるかは、
こういった小物によっても変わってくると私は思います。
タオルまでキティちゃんで、とても40代のベッド周りとは思えませんが...(*≧m≦*)ププッ

何事も、「楽しく明るく」 が大切です(^^♪
[PR]
by gannkotyann727 | 2006-11-29 20:41 | 病気・病院

冬の準備

今日はポカポカと、日差しが入るので
幸せな気分でボーっとしてしまいます。


週末は、冬の準備をしにお山へ行って来ました。
いつ雪が降ってもいいように、ベランダに出ている物を、屋根の下に入れて
水道の水抜きと、ウォシュレットの凍結防止...
やれる時に、やっておこうと言う事です。
急に寒くなっても、すぐに行けないもんね。

1ヶ月前に行ったときは、お山は紅葉真っ盛りでしたが
今はもう、葉っぱも落ちてしまって、「冬」の景色でした。
今まで見えなかった木立の向こうが、よ~く見えます。
f0015261_11485383.jpg


ベランダの落ち葉を、お掃除です。
f0015261_11491813.jpg


「牧歌の里」では、今シーズンの営業が終わりました。
最後のラベンダーソフトです。
f0015261_11493595.jpg



例年よりは暖かいとはいえ、夜はやっぱり寒いです。
温泉に入って帰って来たら、玄関の外の温度計が0度でした。
でも、お部屋の中は、この子のおかげで暖かです。
f0015261_11494842.jpg



そうそう、今回は「うさぎ」に遭遇しました!
白いうさぎで、めっちゃ可愛かったですよー!
車のライトに照らされて、一瞬こっちを向いたまま固まってましたが、
何を思ったか、こっちに向かって走ってきて、車の手前で草むらに入って行きました(笑)
あせった様子が可愛かったぁ~。

スキー場も、人工降雪機を使ってオープンしてます。
あ、ババシャツとズボン下を準備しておかなくっちゃ!!
[PR]
by gannkotyann727 | 2006-11-28 11:51 | お山

のんびりです

退院したその日に、近所にスーパーがオープンしました。
お迎えの車の中から見ていると、みんな両手にいっぱいの袋をぶら下げて
帰って行きます。

駐車場にはたくさんの警備員。
空に浮かんだアドバルーン。

まるで私の退院を、お祝いしてくれているみたいです!
これが行かずにいられますか?



お家に帰ってきて、わりとのんびり過ごしています。
と言っても、11月もあと数日。もう12月じゃありませんか!

大掃除に向けて、プチ模様替えもしたいし
一気に増えたDVDも、収納する場所を作りたいし
キッチンも、もっと使い勝手が良い工夫がしたいし...

気持ちばっかりがあせって、身体が動きません。
とりあえず、週末は久しぶりのお山なので
帰ってきたら本格的に動きますか...

あ...来週も予定がいっぱいだった...(≧▽≦;)アチャー
[PR]
by gannkotyann727 | 2006-11-24 11:35 | 自分の事

報告です!!

先日、外出して掃除にはげんだ日の事です。

病院へ5時半には帰る目標で、家を出ました。
市バスと地下鉄の乗って行くんですが
バス停でバスを待っていたら、なんとな~く胃の辺りがムカムカしてきました。
雨が降っていて、かなり寒かったので、そのせいかな?と思ってましたが
バスに乗っている間、だんだんムカムカが強くなってきます。
それでもなんとか地下鉄に乗ったのですが
どうにも気持ち悪くなってきました...
降りる駅の2つ手前の駅で、地下鉄を降りて
吐き気をこらえてトイレに向かいました。
ベルトを緩めたら、ちょっと楽になって、吐き気もおさまったので
タクシーで病院へ行きましたが、フラフラになっていました。

血糖値は正常だったので、低血糖の症状では無かったようです。
結局、2日前から飲み始めた朝の薬が合わなかったようです。
あとから研修医が

「女性は吐き気とか、消化器に影響があ事があるって言われてますからねぇ」

ですって!早く言えよぉ~!!

吐き気はおさまっても、ムカムカが残っていて、夕ご飯が食べれません。
おまけに熱が38度まで上がってしまって
看護師が大慌てです。
ふだん、元気なだけに、予想外の出来事だったのでしょうね。

でもでも、夜中の看護師の献身的な介抱のおかげで、一晩で熱は下がり、

明日(22日水曜日)めでたく退院となりました!!

あ~、ホントにめでたいのう(^^♪
応援してくださったみなさん、入院中の記事を読んでくださったみなさん
ほんとうにありがとうございましたm(__)m
入院中、思い出すのも悲しいような言葉を言われた事もありますが
そんな事はトイレに流して退院します!

ただ、メンテが終わったからと言って、油断はいけません。
くれぐれも、自分の身体を大切にしていきたいと思います。

簡単?でしたが、退院のご報告をさせていただきました。
次の更新は、お家からで~す!!
[PR]
by gannkotyann727 | 2006-11-21 17:43 | 病気・病院

お家のPCからで~す!

外は寒いっすねぇ。すっかり冬じゃありませんか!

今日は朝から外出して、おうちに帰って来ました。
といっても、ご飯は病院で食べなきゃいけないので、
電車で帰ってきて、お昼は車で病院へ食事に行って
また帰ってきて、夕方に電車で病院へ戻る予定です。
外泊したいって言ったのだけれど
病院の食事でデータを取ってるから、ダメなんだって....

車なら病院まで30分なので、楽なもんです。
もう、運転したくてしたくてしょうがなかったんです...
さっき、自分の車を運転しながら、ニヤニヤ笑ってました(*≧m≦*)ププッ


旦那さんは、昨日から出張で居ないので、
この隙にリビングに掃除機かけて、コタツを出して
トイレ掃除に玄関掃除、マット類の洗濯、寝室の掃除機掛け。
あとは、キッチンを軽く掃除する予定です。

こうやって書くと

「ま~たがんこさんってば、いい奥さんぶっちゃってぇ」

って言われると思いますが(笑)
これは全部自分の為なのですよ~!

だって、退院したら、予定がいっぱい入ってるんだもん!!
片付けなんかしてられません!
おまけに、病院は暖かいけど、やっぱりお家は寒いです。
帰ってから冬の準備はヤダもん。
だから、今が一番ヒマなんで、こんな事やってるわけです(^◇^)

でも、やっぱ家はいいですね。
相変わらず、旦那さんの陣地はいろんなものが積まれてて
ごっちゃごちゃだけど(物がなくなるとイヤなので、触りません)
やっぱりお家がいいです。

さてと、もうひと頑張りしてみるかなっ!
[PR]
by gannkotyann727 | 2006-11-19 14:40 | 病気・病院

がんこ、まだまだメンテ中!

今日で入院して2週間です。
血糖値も下がってきて、安定してきたので
インスリンの注射は昨日で終わりで
今日から飲み薬に変わりました。

これで調子がよければ退院です\(^o^)/

結局検査の結果、私の血糖値上昇の原因は
「糖毒性によるもの」という診断でした。
このまま調子よくいってくれれば良いのですが....


ネット復活とともに隣の下品な婆さんは退院していきました。
それからは、ベッドに居ても平和な時が過ごせています。
検査が終了したので、外出の許可も出て
近所のショッピングセンターに、散歩がてら行ったりしています。
来週早々にでも退院できれば嬉しいです。

世間や友達は、みんな忙しく動いているのに
なんだかひどく取り残された感があって
ちょっとあせりを感じています。
私はこんなところで何をしているんだろう....
さすがの私も落ち込む事が多いです。

では、だいぶ前になりますが、胃カメラをやった時の日記です↓。




10月9日
入院して1週間が過ぎました。
今朝の採血で検査が一段落です。
昨日は胃カメラでした。
今回の入院で、一番イヤだった事です。

幸いにも、大腸カメラはやらなくて良いと言われましたが
やっぱり胃カメラは避けて通れませんでした....
これも「ガン経験者」だからだそうです。
まぁ、逆に言えばこれで少しは安心できるというものです。

覚悟は決めましたが、前日から気持ちは凹み気味です。
頭の中でシュミレーションをしていると、口が半開きになっています...(-_-;)
友人は

「私もやったけど、思ったより苦しく無かったよ。だから大丈夫だよ」

と言って元気付けてくれます。


10年ほど前、別の病院で胃カメラを経験しましたが、
とにかくこれが苦しくて...
ふっといカメラを
「はい飲んで~!ゴックンって飲んでぇ~!はいゴックンゴックン...」
私は、恥も外聞もプライドもなく、げぇげぇ言って、大泣き状態です。
見かねた看護師が、ぽつんと

「かわいそうに...」

とつぶやいて、手を握ってくれました。
私は苦しい中でも「かわいそうに」は聞き逃しませんでした!

「かわいそうにってどうよ!そんなに私の顔ははひどい状態なの?」

確かにカメラを抜いた時は、私は顔中よだれと涙でグチャグチャになってました....


検査が終わって、私があまりにもグッタリしているので、看護師に
「あっちの部屋で、落ち着くまで休んでいきなさいね」
と言われ、通してもらった部屋は、さっきまで私が居た、検査前の控え室でした。
そこには、今まさにこれから胃カメラの検査を受けようとしている人が何人か居ます。
ボロボロでグチャグチャの私を見て、部屋全体の空気が固まりました。
そんな中、看護師は
「○○さ~ん、こちらへどうぞ~」と、明るく呼びます
呼ばれた人は、顔をひきつらせて、扉の向こうに消えました。
すると、先生や看護師との会話が聞こえてきます。
「そうか...結構聞こえるんだ....てことは...」

そうです。私が苦しんでげぇげぇ言ってたのが、まる聞こえだったということです。
待ってる側としては怖いですよねぇ。
扉の向こうでぐぇぐぇ言ってた人間が、現れたらボロボロになってるのですから。

そんな経験があったので、今回の胃カメラの検査も、かなり憂鬱でした。
朝から顔色も悪く、待合室で呼ばれた時には、貧血起こすんじゃないかと思った程です。
のどに入れた麻酔のゼリーも、気持ち悪くて吐きそうです。
そんな私に先生は
「大丈夫ですよ~。最初ちょっと苦しいだけですからね。」
と、淡々と進めていきます。
でも、それが良かったのか、今回は思ったよりスムーズでした。
確かに最初は気持ち悪かったけど、カメラもすっと入ったし
「飲んでぇ~、はいゴックン」
も無かったし。
途中で地の底から湧いてくるようなゲップを、3回ほど出しましたが
なんとか無事に終わりました。
結果も、異常無しです。
小さいポリープがありましたが、気にするものでは無いと言うことです。

いろんな検査の結果、膵臓からのインスリンも十分出ているし
やっぱり原因がわかりません。
という事で、今朝の採血は、ストレスの検査でした。
過度のストレスでも、血糖値は上がるらしいのです。
こんなに能天気な私なのに....

とにかく、まだまだ退院はできませんが、
検査が終わったし、目にも内蔵にも問題がないということで
外出許可が出ました(^^♪これで気分転換が出来ます\(^o^)/

と、いうことで、がんこの入院生活は、まだまだ続くのです.....
[PR]
by gannkotyann727 | 2006-11-16 16:18 | 病気・病院

がんこ、メンテ中! ②

今日現在、検査はすべて終了しています。
胃カメラも問題無し。便も問題なかったので、大腸カメラも無し。
あとは、週末の採血の結果を待つのみです。
その採血というのは、
ストレスによるアドレナリンが、どれくらい出ているかを調べる検査です。
朝、安静にしている状態で、採血をします。
起き上がっても行けないので、トイレにも行けません。

朝の6時半に、採血に来るという事だったのに
7時を過ぎても採血に来ません。
起き上がれないので、お茶も飲めないし、もちろんトイレも行けません。
だんだんトイレにも行きたくなってくるし、イライライライラ....
7時半頃に、やっとこさ看護師が現れました。

「がんこさ~ん!遅くなってごめんねぇ」

そこで私が思わず放った言葉は
「トイレ行きた~い!」
でした....(-_-;)
あらら、私、トイレ行きたかったのね(笑)

そんなこんなで、一応検査はすべて終了です。
なので、ヒマなのです....(笑)


それでは、入院してすぐの3連休に書いた日記です。





11月3日

連休前に入院したので当然連休は病院から出られません。
元気な私には拷問のような連休です。
天気の良い外を眺めながら、
「ほんとだったらお山へ行って、秋を満喫する予定だったのに...」
と、ため息をつきながら、ぼーっとしています。

病室で隣の
大声でよくしゃべって、旦那さんの愚痴と、お金の話と、病気自慢をする婆さん
が、あまりにうるさくて食堂に逃げ込んだのに、
世間は連休です。お見舞い客でいっぱいです。
談話室と食堂をはさんで、反対の病棟は消化器・循環器系の病棟なので
どうやらお祖父ちゃんお祖母ちゃんの立場の方が多いらしく
娘や息子が、孫を連れてやってきています。


「お兄ちゃんも、もう着くとおもうよ。あ、来た来た」
と、まだ立つことも出来ない赤ちゃんを抱っこした女性が言いました。
その横には、グズってる女の子をなだめるお父さんらしき男性。
エレベーターを見ると、その女性の「お兄ちゃん」
お嫁さんと小さい男の子2人連れてやってきました。
談話室は、その家族でいっぱいになってます。
「ひさしぶりだねぇ」
「大きくなったねぇ」
「最近どうなの」

子供はソファーから飛び降りたり、大声出したりして、走り回っています。
そして、
「あんたたち、よう来てくれたねぇ。お父さん喜ぶわ」
と、笑顔満面でウロウロするお祖母ちゃん。
そこへ病棟から、病衣にガウンを羽織ったお祖父ちゃん登場!

思わず
「ここは、あんたたちの実家じゃないぞー!」
と言いそうになりました!

談話室がその状態なので、隣の食堂で本を読んでいたら
こんどは違う家族がガヤガヤと食堂へ登場。
これもまた子どもが居て、騒ぎ始める。
「ゲーム・お菓子・なんか飲みたい」
他の事が言えんのかー!!

挙句の果てに、さっきの談話室では、
生まれたときにしか会ってないお祖父ちゃんに抱っこされて、泣き叫ぶ女の子。
お父さんに逃げ込み、
「帰ろう~!」の連発。
おいおい、お嫁さん顔引きつってるで~(-_-;)

どこに居ても休まる事が出来ない、連休の病院です。
[PR]
by gannkotyann727 | 2006-11-12 16:41 | 病気・病院

がんこ、メンテ中!

お久しぶりです。
えっと...あのぉ...ちょっと入院しました。
もっと早くネット環境が整うはずだったのですが、すでに9日も経ってしまいました(-_-;)
日記は時間がある時に書き溜めていたので、今日から公開です!
そして、同時に検査の結果等を、お知らせして行こうと思います。
なんて、ちっと大げさ?

というわけで、↓は入院して最初の日記です。




突然ですが、がんこはただいま入院中です。
といっても、ご心配は要りません。
いたって元気というか、今すぐ遠出のドライブにも行けそうな状態です。
何があったのかというと....


私は最初の抗がん剤の治療の時、タキソールのブドウ糖によって
血糖値が上がりました。
もともと要注意だったのですが、たび重なる治療で

点滴する→血糖値が上がる→下がる前にまた点滴

の繰り返しになって、下がらなくなってしまったのです。
だから、2回目の手術、泌尿器の手術のときも
必要ならばインスリンを混ぜて点滴したりしていました。
でも、退院したら飲み薬だけでよかったのです。
そして婦人科の外来と共に、内分泌科の診察も受診してました。


ずっと「チョッとだけ高め」な状態でいたのが、
9月の採血の結果を聞きに行ったら
突然血糖値が高くなっていたのです。
で、そのときもう一度採血をして、まだ高いのだったら考えましょうと言われました。

そして10月の終わりに結果を聞きに行ったら、あらら、やっぱり高いです。
生活も何も変わってないのにどうして?
先生も首を傾げます。
ただ、血糖値は高いけど内容はそれほどでも無いということでした。
緊急入院するほどではないし、薬を変えて様子を見るということでも良い
と言われました。
でも、薬飲んで検査して...ってやってるよりも、
どうせなら入院したほうが手っ取り早いし、原因も調べたいということで
私も決心しました。

入院するのはと~ってもイヤだったけど、病気はもっとイヤだし
なにせ原因がわからないのはもっとイヤです。
で、思い切って入院です。糖尿病は怖いしね...


ただ、本人はいたって元気なので、入院したその日からヒマ人です。
入院したのが3連休の前日だったので、
本格的な検査が始まったのが、連休明けの月曜日からです。
主治医の見解は、

・血糖値がチョッと上がったことによって、それをエサにさらに血糖値が急上昇する。
・胃や腸に何かあって、それが原因になっている。


ということでした。
なので、インスリンの注射をしながら
胃カメラや、便に異常が見られたなら大腸カメラをするそうです。

胃カメラは、ものすごーくイヤだけど、先生が言う「何か」はガンとからしいので
これは避けて通れないかなと思って、頑張るつもりです...
でも、胃カメラの事を考えると、胃がキューンとなります。
先生いわく

「胃カメラは苦しいけど、大腸カメラはもっと辛いよ。まぁ、便に異常が無かったら
大腸カメラはやらないけどね。」

だって....なんか複雑です(-_-;)

まぁ、今回はPCを持ってきたので、皆さんのブログにお邪魔できる予定です。
下品で大声な隣のベッドの婆さんの様子も、レポート出来る予定です(笑)

1回目の卵巣手術も11月
2回目の子宮の手術も11月
そして今回の入院も11月

私の秋の行楽シーズンを返せ~~~!!



追伸
 これを読んでびっくりされた、がんこを知るみなさん。
 本当に心配要りませんからね!
 びっくりさせてごめんなさいm(__)m
[PR]
by gannkotyann727 | 2006-11-11 20:23 | 病気・病院
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
お友達
最新のトラックバック
がんこさんとデート♪ 
from 持病?Hi ガンです♪ (復..
MIKA☆さんを襲撃&レ..
from 持病?Hi ガンです!
たこ焼きオフ会
from のほほん癌ばらない日記
たこ焼きオフ会
from のほほん癌ばらない日記
ブログ仲間を訪ねる旅②
from ちいさなひかり
どうしてがんばるのかな?
from nyancer-net ST..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧