のんびりやろうぜ@40の手習い


最近、第2の人生始まりました。
by gannkotyann727
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

がんこの冒険!

お忙しい方は、お暇な時に読んでください...


先日、久しぶりにバスに乗りました。
バスで出かけたから、帰りもバスです。

行きは終点まで行ったので、何にも考えてなかったけど
帰りは自分が降りるバス停で降りなければなりません(当たり前です)
走ってるバスをブザーで
「降ります」
と意思表示をしなければなりません....

と思ったら、ドキドキしてきた。
たま~にバスで出かける事があっても、
大体帰りは、旦那さんに迎えに来てもらうか、合流するかだったので
バスで帰って来るのは、初めてです。(ここへ住み始めてだよ)

「途中の地下鉄の駅のバス停で、かなりの人が乗ってくる。
奥に座ったら途中で出られない。」

まずそう考えて、出口の横に座った。知らないおばあちゃんと2人がけに座った。
「よし、これで降りるときに、マゴマゴしないで済む!」

そしたら、バスの旅(たった20分だけど)が楽しくなってきた。

面白かったのは、途中のバス停で、運転手さんが交代したんだよー!
そこは、バスの車庫の近くだったからかな?
バス停に運転手さんとおじいちゃんが並んでたの。なんかかわいかった~。
で、バスを降りて歩いているさっきまでの運転手さんを見て、時間を見たら16時48分。
「仕事、17時までなのかな?パートか?んなわけないだろ~!」
ひとりでつっ込んで遊んでました。

と、次のバス停で、隣のおばあちゃんが降りました。
なんだか一気に緊張してきます。
私は、勝手におばあちゃんは私と同じバス停で降りると、思い込んでいたのです。
おばあちゃんには、迷惑な話ですよね(笑)

ふと、「降りますブザー」を見ると、昔と違ってます。
俵型の半分は、ブザーを押すと「降ります」とイルミネーションが点くようになってます。
もう半分は、「お降りの方は このブザーでお知らせ下さい」と書いてある。
でも、両方同じ大きさです。しかも、ボタンらしくないんです。

「どっちを押すんだ?」

そう思ったら、私はブザーに釘付けになりました。

「確か、昔はイルミじゃない方がボタンになってたよな?
でも、これってボタンじゃないよなぁ。イルミとボタンは一体化したのか?」


考えていると、ブーっと鳴ってイルミが赤く光りました。
おじいちゃんが降りるみたいです。
「おじいちゃん!今どっちを押したの?ねぇ!!」
と、心の中で叫んでました。

「もし、ボタンを押したつもりが、ボタンじゃ無かったら、すんげー恥ずかしいじゃん。」

そう考えたら、また緊張してきました。
さっきまで景色を楽しんでいた私の視線は、よけいに「降りますブザー」に釘付けになってます。

そうこうするうちに、私が降りるバス停の、一つ前のバス停に来ました。

「次だ...」

敵は2つに一つです。勇気を持って選ぶしかありません。
右手の人差し指に、だんだん力が入ってきます。

その時です。
「ブー」

「降りますブザー」が鳴って、イルミが赤く光りました。
どうやら、前のほうに乗っていたオバチャンが、降りるようです。

「あ....」


こうして私は無事にバスを降りることが出来たのでした。
めでたしめでたし\(^o^)/
[PR]
by gannkotyann727 | 2006-10-27 23:47 | 自分の事
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
お友達
最新のトラックバック
がんこさんとデート♪ 
from 持病?Hi ガンです♪ (復..
MIKA☆さんを襲撃&レ..
from 持病?Hi ガンです!
たこ焼きオフ会
from のほほん癌ばらない日記
たこ焼きオフ会
from のほほん癌ばらない日記
ブログ仲間を訪ねる旅②
from ちいさなひかり
どうしてがんばるのかな?
from nyancer-net ST..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧