のんびりやろうぜ@40の手習い


最近、第2の人生始まりました。
by gannkotyann727
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

女は強し!!

私が凹んで、婦人科の主治医とお話をしに行った時、
外来の待合室で声を掛けられた。
入院中に仲良くなったK山さんだった。

「なにぃ、今日外来なんだ?」
「うん。今朝あなたに電話しようと思っとったんだわ~」


K山さんとは、治療の時期が重なったり、外来に来た時に
どっちかが入院してると、顔を出してお喋りをした。
ホントに優しいお母さんみたいな人で、色んな話をした。

一足先に治療を終えたK山さんだったが、
家に帰ると、入院中のおじいちゃんのお世話が待っていた。
おまけに、おばあちゃんまで夏前に倒れて入院したらしい。

「K山さん、休む暇がないじゃん!」
と言ったら
「まあ忙しいけど、ぼーっとしとるよりはいいでね。」
と笑っていた。

外来で会った日、ランチを一緒に食べた。というか、ご馳走になった(^^)v
その日は時間があったので、朝から私に連絡して、
どっかでランチでもしようと考えていたらしい。
が、孫の世話やらなんやらで忙しくて、
「電話が出来んかったんだわ」
と言っていたが、
私がたまたま病院に来たから丁度良かったけど、
いきなり朝っぱらからランチに誘われても、私にも予定と言うものがあるのに....(笑)

K山さんのお婆ちゃん、正しくはお姑さんは、悪性のリンパ腫
抗がん剤治療をしたら3ヶ月。しなかったら、このまま苦しいまま2~3週間といわれたらしい。
とにかく苦しそうなので、せめてこの苦しさから解放してあげたいという事で
抗がん剤治療を行った。

「抗がん剤の経験が役にたったんだわ」
K山さんは、おばあちゃんが副作用であれこれ訴える症状について、
自分の経験と、周りの人の話を聞いていたこともあって、
うろたえずに看病できたらしい。
そして、それはおばあちゃんの「安心」にも繋がった。

おばあちゃんの退院後、本格的な介護が始まった。
トイレに起きるのも、支えて立たせてといった感じなので
どうにも腰にくるらしく、

「何とかしなきゃ、私がやられる」

と考えて、いろいろと試したらしい。
と同時に、すごいのはおばあちゃんだった。
K山さんは、
おじいちゃんの病院と、おばあちゃんの介護と家事全般と自分の病院。
そして、娘さんが第2子を3月に出産予定なので、上の子の世話も加わる。

おばあちゃんは、
「せめて私の介護が無くなれば、少しは楽になるのでは」
と考えて、自分で頑張ってリハビリを行った。
その結果、3ヶ月と言われたときから、もう半年も経っていて
さらに、トイレも移動も、自分で歩いて行けるらしい。
数値もほとんど正常で、医者が
「この回復ぶりはすごい!」
と、かなり驚いているという。

K山さんの明るい前向きさと、おばあちゃんの前向きな気持ちが
病気に打ち勝ったという実例だった。
ホントに感動した。
たまたまK山さんに会えて良かった。

「女は強し」を地でいったおばあちゃんに拍手!!

K山さんは、ランチを食べながら
「私よく喋るでしょう!?思った事を思ったときに言っとかんと、忘れちゃうんだわ~」
とケラケラと笑った。
そんな彼女にも拍手!!
[PR]
by gannkotyann727 | 2006-03-01 20:21 | 病気・病院
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
お友達
最新のトラックバック
がんこさんとデート♪ 
from 持病?Hi ガンです♪ (復..
MIKA☆さんを襲撃&レ..
from 持病?Hi ガンです!
たこ焼きオフ会
from のほほん癌ばらない日記
たこ焼きオフ会
from のほほん癌ばらない日記
ブログ仲間を訪ねる旅②
from ちいさなひかり
どうしてがんばるのかな?
from nyancer-net ST..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧